StartSSL登録までの記録

久々にWebサービスでも作りたいなーと思ってサーバいじってます.
会員機能があるサイトを作ろう!と思いSSLを勉強中.

でも貧乏でお金なくてひもじい生活をしている僕にはSSL代が払えない・・・.
やっすいとこないかなーってググってたらStartSSLという無料SSLを発見!
さっそく登録・導入してみました.

アカウント登録

まずはアカウントを登録しよう.
startssl_1
左メニューの「StartSSL Products」をクリック

startssl_2
次はページ下部にある「…No Kidding 100% FREE」と表記されているボタンをクリック

startssl_3
左側にある「Sign-up」のボタンをクリック

startssl_4
登録フォーム,すべての項目に入力しよう
例として皇居を上げるとこんな感じ

First, Last Name: Taro Kokyo
Complete Home Address
(Street, House, Number):
1-1, Tiyoda
Zip, Locality/Place: 100-0001,Tiyoda
Country: Japan
State/Region: Tokyo
Phone: +81-[0-9]{2}-[0-9]{4}-[0-9]{4}
※電話番号(電話番号は3:4:4で構成されているが,
先頭の0は国内プレフィックスなので除外)
Email: hogehoge@example.com

startssl_5
送信すると,
パスフレーズが入ったメールがくるので,コピペしましょう.

少ししたら,「住所のところが足りないよ,追加して返信してね」みたいなメールがきたので,修正したものを送った.
(↑で挙げた入力例も修正したものと同じにしています)

Hallo, ~~~~.(担当者の名前です)

My address is
1-1, Tiyoda
100-0001,Tiyoda
Japan
Tokyo
+81-[0-9]{2}-[0-9]{4}-[0-9]{4}

Regards,
~~~ ~~~(僕の名前です)

(あくまで返信例で,中身は↑で挙げた入力例と同じもの)

すぐに返信が来て,アカウントが承認されたとのこと.
URLとパスフレーズが届くので,添付URL先の入力フォームにパスフレーズを入力して進む.

クライアント証明書秘密鍵を作るページに飛ぶ,僕は高強度にしました.

クライアント証明書のインストールが終わったら,念の為にバックアップを取りましょう.
Chrome信者なので.Chromeだけやり方書いときます.
設定 → 詳細設定を表示… → 証明書の管理 → 個人
発行先が登録メールアドレス,発行者がStartCom~の証明書を選択してエクスポート
秘密鍵を設定して好きな場所に保存しましょう.

長くなったんで2つにわけました.

続きは(こちらStartSSL導入までの記録)です.

Tags: ,

コメントを残す